3度見の藤田×小川

また見ちゃった。
で、たどり着いた結論。



「小川がセメント仕掛けてきた!」
と勘違いした藤田が暴発しかけたところを
タイミングを間違えたレフェリーがストップ。



よく見てみたら
小川の攻撃は急所は外した攻撃なんだよね。
プロレス的な打撃と関節。
でも緊張感がピークだった藤田は勘違い。

でも藤田も一線を超えることはなくてさ。
これもよく見るとヤバい攻撃は最初の後頭部へのキックくらい。
あとはプロレスの範疇の打撃。
ただそれが鬼気迫る攻撃だった。

そんな迫力がすごかったから
「レフェリーストップで決着」
って指示を受けてたレフェリーが
試合中盤にも関わらず止めちゃった。


「会長は!?」は試合中に焦った藤田の暴発発言。
最後の怒りは
試合には勝ったけど内容は小川の引き立て役にさせられたことに対するもの。


なんてね。
あくまでも想像だよ、ファンタジー。
しかしマニア以外は楽しめなかっただろうな。。。

今度の週刊プロレス
どこまで書いてくれるかどんな表現をするか
楽しみだね。
[PR]
by shoo6sk | 2013-01-02 18:36 | プロレス